耳の閉塞感が気になる|最近よくめまいがすると思っているのならすぐに耳鼻科へ行こう

最近よくめまいがすると思っているのならすぐに耳鼻科へ行こう

耳の閉塞感が気になる

医者と患者

風邪の症状の一つ

体調不良や風邪の症状と共に、耳の閉塞感や難聴の症状が現れる事があります。新宿の耳鼻科では風邪の諸症状だけでなく、聞こえのトラブルに対して細かな対応をしてくれます。風邪が原因の難聴の場合、体調が回復するのに合わせて治りますが、突然の難聴が現れて回復しないケースもあります。突発性難聴は睡眠不足や偏った食生活などと共に風邪の症状が重なると発症することがあります。忙しいからと新宿の耳鼻科を受診するきっかけを逃すと難聴が残ってしまうことがあります。難聴の程度が軽いほど回復しやすいですが、めまいが伴っていたり、高齢で体力が落ちている人や糖尿病や高脂血症の症状を持っている場合には一般的に治りにくいといわれています。

漸減療法を行おう

新宿の耳鼻科では突発性難聴を発症した時には、ステロイドホルモンの漸減療法を行います。ステロイドは副腎皮質ホルモンのことで、抗炎症作用や抗免疫抑制作用があり、突発性難聴の治療に効果的です。投与するステロイドははじめのうちは大量の投与し、一週間から二週間かけて投与量を減らしていく漸減投与を行います。そのためはじめのうちは副作用が現れる事があります。しかし、自己判断で投与を中断してしまうと症状がぶり返す恐れもあり注意が必要です。新宿の耳鼻科では医師と相談しながらステロイドの適量を守って治療が行われます。治療中にむくみや不眠などの症状が現れたり、糖尿病や胃潰瘍といった病状を発症させる恐れもあり、細かな点を医師に告げる事も大切です。早期に治療して聴力を回復させましょう。