鼻水や鼻づまりを感じたら|最近よくめまいがすると思っているのならすぐに耳鼻科へ行こう

最近よくめまいがすると思っているのならすぐに耳鼻科へ行こう

鼻水や鼻づまりを感じたら

男女

早めに病院へ

風邪が長引いて、鼻水が出続けるという症状がある場合、耳鼻科などに行きましょう。風邪ではなく、アレルギー性鼻炎の可能性もあるのです。アレルギー性鼻炎の症状は、鼻水や鼻づまりだけではありません。ずっと続くせきや、いびきもアレルギー性鼻炎の症状のひとつです。アレルギー性鼻炎になることで鼻水が鼻の中に溜まってしまったり、鼻の粘膜がはれ上がってしまうことがあります。そうなると、さまざまな症状を引き起こしてしまうのです。そうなる前に、早めに耳鼻科などに行くことが重要となります。耳鼻科に行くと、点鼻薬や抗生物質などを処方してもらえます。また、吸入が行われることも多いです。病院に行かないと、症状が悪化してしまうことが少なくありません。

寒暖差が原因のことも

アレルギー性鼻炎の原因は、遺伝である場合も多いです。アレルギーの原因である、アレルゲンを調べる方法もあります。耳鼻科では、血液検査などでアレルゲンを調べてくれますから、気になる方は先生に尋ねてみましょう。アレルゲンは、ハウスダストやダニ、犬や猫の毛、スギ花粉やブタクサなどである場合が多いです。また、寒暖差アレルギーというものもあります。これは、気温が変化することで、鼻水が出たり鼻の粘膜が腫れてしまったりする症状です。原因がわからないアレルギー性鼻炎の場合、この寒暖差アレルギーであることがあります。急激な温度変化には気をつける必要があります。アレルギー性鼻炎は放っておくと、ちくのう症になることもありますので、疑わしい症状があった時には、速やかに治療を受けましょう。